スタッフブログ

その歯の痛み、実は虫歯ではない!?

歯がしみる!!噛むと痛い!!これは虫歯かな?

と不安になり当院に来院される患者さんの7割は、実はむし歯ではありません。では原因は何かというと、歯の接触癖です。以前当院のブログでも紹介したことがあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。これは、通常上下の歯が触れ合っている時間は、一日のうち15分程度といわれます。咀嚼する時と飲み込む時だけです。それ以外の時に歯を接触させていると、歯に負担がかかり、そのサインとして虫歯ではないのに しみる、痛む という症状が現れます。このサインに気づかず、負担をかけ続けると、歯が欠けたり、割れたりすることもあります。割れてしまったらもう歯を残すことは難しくなります。

 接触癖を治すために当院ではまず、日中自分が歯を接触させていることに気づくことからはじめてもらいます。気づいたら離すことを意識しておこなってもらいます。1ヶ月もすれば気づけるようになります。イライラするときや、ストレスを感じている時は、口元にも力が入り、食いしばりがちになります。ストレスを感じた時こそ口角を上げてにこやかな表情を心がけてみてください。口角を上げると噛みしめなくなりませんか?これは、咬筋と表情筋は同時に使うことができないからです。

 私も接触癖があり、しみていましたが、意識することで改善されました。皆さんも接触癖に気づき、自分の歯を大切に使っていきましょう。

 歯科助手 立石

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
9:30~12:50

/

/

14:00~18:30

/

/

▲・・・土曜日 9:00~13:00 / 14:30~17:30
休診日・・・日曜・祝日
© 大野城市の歯医者ならはなだ歯科クリニック(歯科). All Right Reserved.