電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

歯の喪失原因

2016年8月4日

こんにちは、歯科衛生士の村里です。

今日は『歯の喪失原因』についてです。

,,,突然ですが、質問です。

Q歯を失う原因で1番多いのは何だと思いますか?

答えは1位歯周病

    2位虫歯

    3位事故や破折

実は、歯周病で失うことが多いです。歯周病はよく自覚症状がないまま進行すると言われます。

『歯周病のセルフチェック』

・歯を磨くと時々歯茎から血が出る。

・口臭があるかもしれないと気になるときがある。

・朝起きたとき、口の中がネバちく感じがある。

・歯茎が赤く、腫れたり痛むときがある。

・冷たい水を飲むと歯がしみて痛い。

・歯がぐらぐらと揺れる感じがする。

・歯茎を押さえると膿が出るときがある。

以下のような症状があったら、歯周病の可能性があります。

歯科医院で歯周病の検査を受けてみませんか?

歯の接触癖について

2016年7月29日

こんにちは!歯科助手の中村です。

 

 

今日は歯の接触癖についてです。

…突然ですが質問です!

Q 24時間中、上下の歯が触れ合うのは時間で表すとどのくらいだと思いますか?

 

 

答えは15分程度で、食べる時と飲み込む時だけなのです!!!!

それ以外にも上下の歯を触れ合わせていると、歯を傷めたり、歯の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

みなさんは急に歯が痛くなったり、冷たいものがしみたり、、、という症状がでたことはありませんか?実はこのような症状の原因は虫歯や歯周病だけではないことが最近の研究で分かっています。

食いしばりや歯ぎしり、寝る時の姿勢、頬杖、片咬みなど普段の何気ない癖に原因は隠されています!!癖を意識してみるだけで変わってくるでしょう。

ぜひみなさんも試してみてください。

 

定期検診

2016年7月12日

こんにちは‼衛生士の橋本です。

みなさんはどのようなときに歯医者さんへ行かれますか?
症状が出たときにいかれるかたが多いのではないでしょうか?

悪くなってからの治療は大変です。

なんと1年間に定期検診を受けられていない人は平均して2本の虫歯ができるといわれているんです‼

虫歯の治療を繰り返すことで、歯はどんどん悪くなっていってしまいます。

健康な歯を保つためには、お口の中の菌を増やさないようにすることがとても大切です

定期検診では、私たち専門家がお口の中のクリーニングを行い、虫歯のチェック、歯周病のチェックをして健康な歯を守るためのアドバイスとサポートをさせていただきます。
定期検診で健康な歯を一緒に保ちましょう‼

ドックスベストセメント

2016年6月24日

歯科衛生士の式町です!

昨日、有吉さんと嵐の櫻井クンが出ているアブナイ夜会というTVを見ていたら…
な、なんと!
当院でも行っているドックスベストセメント療法についての特集がありました!
ドックスベストセメント療法の特徴は3つ
①治療後に内側から虫歯にならない
②大きく歯を削らない
③大きく削らないので痛みが少ない

アメリカ・ヒューストン発の特別な治療なので行っている歯科医院は少ないですが、はなだ歯科クリニックでは行なっています!
ぜひお試し下さい!
↓ 詳しくはこちら ↓

https://4180.cc/tiryoumenu/449/

キシリトール

2016年6月13日

今回担当させて頂く、歯科衛生士の早稲田です!よろしくお願いします!

さっそくですが、キシリトールはご存知ですか??よく聞くワードですが、実際にどういう働きをするのかピンと来る方は少ないのではないでしょうか!

今回はそんなキシリトールについてお話ししたいと思います。

キシリトールとは多くの果実や野菜の中に天然で含まれる自然の甘味料です。

例えばイチゴには乾燥したときの重量100グラム中に約300mgのキシリトールが含まれてます!

甘さとしては砂糖と同じくらいの甘味がありますが、キシリトールは虫歯の原因にはなりません!キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きを持っています。唾液も出やすくなるなど、口の中を虫歯になりにくい状態に保ってくれます!

また、虫歯の発生や進行を防ぐ効果もあります!虫歯の大きな原因とされるミュータンス菌の活動を弱める働きをもっています。
虫歯菌への働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果なのです!

虫歯の抑制を促すキシリトール!
みなさんぜひ、あまーいお菓子ではなく…キシリトールを上手く使って虫歯ゼロのお口の中を目指しましょう!!!

リットレメーター

2016年5月30日

こんちには歯科衛生士の山路です。

今回は口元についてお話します。
赤ちゃんの口元は、なぜかわいいのでしょう。西洋では「キューピッドの弓」と言います。日本では富士山の形に例えられます。赤ちゃんは、いつも母乳、ミルクを吸うことによって口輪筋(口の周りの筋肉)が緊張しているからです。
★唇は厚くありませんか?
口輪筋が緊張していなければ口輪筋の上にのっている唇は厚くなり、上唇の形が赤ちゃんのような富士山の形になりません。上唇挙筋の緊張が足りなければ、上唇の形は、きれいな富士山のような形に保つことができません。
★唇が「への字」になりませんか?
口輪筋が弱いと左右に付着した口角下制筋が唇を下方向に牽引するので、口角が下がり、唇が「への字」になります。

そこではなだ歯科クリニックでは口輪筋を鍛えるためにリットレメーターというものを使っています。マウスピースを引っ張って口輪筋を鍛えます。唇の力は理想的には2.5㎏必要です。皆さんも是非測ってみませんか?口輪筋を強化し、美しい口元を目指しましょう!
image.jpg

顕微鏡検査のススメ

2016年5月23日

衛生士の伊藤です。

突然ですが、歯を失う原因の第1位は何と思いますか?
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、歯周病といわれています。

歯周病は、歯周病関連菌といわれる菌が炎症を引き起こすといわれています。
歯周病関連菌が歯と歯ぐきの間に入り、歯を支えている骨を溶かし、最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病関連菌は、歯垢(プラーク)という細菌の固まりの中に存在します。
はなだ歯科クリニックでは、位相差顕微鏡を用いて歯垢(プラーク)を検査し、歯周病菌の様子を調べることができます。

歯周病により歯を失う前に、一度調べてみてはいかがでしょうか。

ポリリンホワイトニング

2016年5月13日

こんにちは。

マネージャーの井吉です。

先月、「今日感テレビ」で当院で行っているホワイトが紹介されました。

ポリリンホワイトニングは従来のホワイトニングと比べ、しみたり痛みを感じることも非常に少なく、施術直後でも食事等の制限もないので気軽に行うことができます!
ポリリン酸Naを使って汚れを落とし、コーティングをするので着色やプラーク(歯垢)もつきにくくなります!

ぜひ、1度試してみてください♬

image-2eb47.jpegimage-c9f57.jpeg

一家に一台!マルケンbanban!

2016年5月5日

こんにちは。

受付の築地です。
かわべ歯科の川邊先生がご紹介されている
このマルケンbanbanですが、
当院でも取り扱っています!

効果としては、姿勢がよくなることで舌が上がりやすくなるため、呼吸がしやすくなったり、鼻づまりが改善されたりします。
毎日乗り続けると後ろ重心から前重心になり、スポーツ能力がアップしたり、「疲れにくい」身体に変化していきます。
ヒップアップ効果も期待されています!
私も実際に乗っていますが、
乗った後はスッと姿勢が良くなり
本当に呼吸が楽です!
乗る度にマルケンbanbanの
効果を実感できますヨ。

image-e4817.jpeg

子供たちから大人の方まで幅広くお使いいただけますので、
ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

image-135ac.jpeg

あいうべ体操

2016年5月1日

こんにちは、受付の大槌です。
GWいかがおすごしですか?

さて、今回ご紹介するのはみらいクリニックの院長先生、今井一彰先生考案の「あいうべ体操」です。
当院では毎日朝礼前に30回行っています。
毎年行ってたインフルエンザの予防接種を今回は受けていませんでしたが、
あいうべ体操を毎日行っていたため、インフルエンザにかかりませんでした。
予防接種は安くても2千円から3千円はしますがあいうべ体操だとタダです!笑
どうせ予防をするのであれば安く(もしくはタダ)で予防できるほうがいいですよね?

あいうべ体操は簡単に言うと、「口呼吸」を「鼻呼吸」に変えていく体操のことです。
「口呼吸」は口を使って息をしているため外気が直接体内に入ってしまい
ウイルスを受け入れやすい体になってしまいます。
あいうべ体操で口の周りの筋肉を鍛え口を閉じた状態を保てるようにしましょう。

あいうべ体操体験談.jpg

みなさんもあいうべ体操で簡単にインフルエンザや風邪の予防をしてみてはいかがですか?
4月から新しい環境になった人たちもいると思うので5月病にならないように気を付けてくださいね!

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30~12:50
15:00~18:30
※ 土曜日9:00~13:00、14:30~17:30
休診日・・・日曜・祝日
★平日16:30以降のご予約は小児のみ
ご予約・お問い合わせはこちら
いのくち歯科医院の外観

フッターオファー

フッターオファー
© はなだ歯科クリニック