電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

残心。

2016年4月25日

受付の田中です。

先日、以前から気になっていた近所の食事処に初めて行ったのですが、美味しいご飯に満足。そして次もまた行きたいなと思ったのは、定員さんの感じの良い接客でした。
働いてる人で店の雰囲気は変わりますよね~

はなだ歯科クリニックでは、患者さんの声を多く聞けるように、月に一度診療の時間を少しお借りして院内セミナーで接遇を学んでいます。話し方や立ち居振舞い、自分の悪い癖を認識しスタッフ同士で意識しあい、患者さんとのコミュニケーションUPや笑顔が溢れる空間作りに努めています。学びの中で私が今大事に心がけていることは、挨拶です。来院時の笑顔での挨拶、そしてお見送り時の「残心」です。残心とは相手の方に心を残すということ。
歯でお悩みの方に直接触れて治す事は出来ませんが、患者さんの心に寄り添える受付スタッフになるよう努力していきたいと思います。

あなたは鼻呼吸?口呼吸?

2016年4月19日

こんにちは勤務医の伊地知です。

今日は私がブログを担当します。よろしくお願いします。

さてみなさんの周りにも鼻で息をする鼻呼吸の人と、口で息をする口呼吸の人がいると思います。あなたはどちらでしょうか??
口で呼吸をすると風邪をひきやすいというのはご存知ですか?口で呼吸をすると喉の奥に直接ウイルスや、冷気が入り込んでしまい喉を痛めやすいです。

その点鼻を想像してみて下さい。
そう!鼻には皆さんご存知の通り’鼻毛’が存在します。ちょっと恥ずかしい存在のこの鼻毛ですが、ウイルスやほこり、冷気などが直接喉の奥にあたるのを防いでくれる素晴らしい役目を果たしてくれているのです。

なので是非とも鼻呼吸をお勧めします。

そして鼻呼吸なのか口呼吸なのかは実は顔の成長にも大きく関わっているのです!!!

口をずっとポカンと開けているとだんだんと鼻の下が長く成長してしまいます。

顔というのは小さい頃からのたくさんの習慣によって形成されていきます。

もし周りのお子さんでお口がずっと開いている子がいたら風邪の予防の為にも、お顔の成長の為にもしっかりお口を閉じた方がいいということを教えてあげて下さい。

顔のむくみ改善に効果的なのは?

2016年4月18日
こんにちは。副院長の谷口です。
今週からはなだ歯科のブログでは、スタッフみんなで色々な情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

この度は、熊本地方を震源とする大地震により多くの方々が被害に遭われました。叔父、従兄弟、友人、先輩、諸先生方の無事を確認し安堵すると共に、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。被災地の皆さんに一刻も早く平穏な日常が戻りますように。

話は変わりますが、昨夜TVを観ていたら次のようなクイズが出ていました。

Q:顔のむくみをとるのに一番効果があるのは次のうちどれでしょう?

①耳を引っ張る
②舌を回す
③リンパマッサージ
④蒸しタオル

正解は、、
②です!!
多くの方は③が正解だと思われたようです。

何故、舌をいっぱい動かすとむくみが取れるのでしょうか??

舌は、色んな動きができる筋肉の塊で、呼吸、嚥下(飲みこみ)、発音、などの際に大きな役割を果たしているのです。
舌の筋力不足だと、舌がだらりと下にさがり口もポカンとあいてしまう「口呼吸」、前歯がかみ合わない「開咬」、またいわゆる「舌ったらず」な喋り方になってしまいます。
逆に舌の筋肉をしっかり使うと、舌の付け根から活性化されるため、口の周り、顎、首、全体の血行が良くなり、むくみだけでなく、二重あご、ほうれい線などにも効果があります。
はなだ歯科でも、患者さんが舌の筋力アップできるように「舌回し運動」や、「あいうべ体操」「ガムを使った舌のトレーニング」などを取り入れています。
今日はその一つである「舌回し運動」を紹介します!

①口を軽く閉じ、唇と歯の間を舌でなぞるように動かす。右上→左上→左下→右下、と順番を決めて、10回ほど回す。
②反対方向にも同じように回す。 

やってみると、とても疲れ、顎の周りからじんわり温かくなってきます。それは効いている証拠なので、皆さんも是非やってみて下さい(^^)

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30~12:50
15:00~18:30
※ 土曜日9:00~13:00、14:30~17:30
休診日・・・日曜・祝日
★平日16:30以降のご予約は小児のみ
ご予約・お問い合わせはこちら
いのくち歯科医院の外観

フッターオファー

フッターオファー
© はなだ歯科クリニック