インプラント

予防歯科を通じて、長期間にわたって患者さんのお口の中を診させていただいて気づいたことがあります。

それは人は1度に多くの歯を失うのではなく、長い期間をかけて徐々に失っていくということです。

例えば何かの理由で右上の一番奥の歯を失った場合、そのままにしておいても食べることにはあまり不自由を感じない方も多いのですが、無意識のうちに左で咬むことが多くなります。そうすると負担過重になった左の歯が悪くなって失ってしまうということが起きます。
一番奥の歯を失うと次はその手前の歯の負担が過重になり、その歯が悪くなってしまう。
奥歯を失って入れ歯を使うようになると金具をかけている歯が悪くなり、前歯のみになってしまいます。
このようにして多くの人は5年、10年単位で徐々に歯を失っていきます。最終的に80歳での残存歯数が6~7本というのが日本の実情です。
インプラントで失った歯を取り戻すことによって、このような歯の喪失の流れを食い止めることができるのです!

私たちは今まで、無くなった歯を補うために、多くの健康な歯を削っていました。また入れ歯を作って金具をかけた歯をダメにしてしまったり、違和感を我慢していただいていました。

本当にそれでいいのだろうか?
歯を補うために、さらに歯を削っていいのだろうか?

噛むために多くの不快感を伴ってもいいのだろうか?
そんなことを強く思うようになりました。

「自分の歯があったころのように食事を楽しみたい」

「入れ歯を薦められたが、入れ歯なんて年寄りみたいでまだ嫌だ!」

「入れ歯を作ったが、気持ち悪くて使えない。」

「入れ歯のバネをかけている歯が次々に悪くなって、歯の本数がどんどん減ってきている」

「ブリッジを勧められたが、健康な歯を削りたくない」

そして、失ってしまった自分が悪いのだから・・・と我慢して入れ歯を使用されている方や削りたくない歯を削る方が多いようです。

このような方にはインプラントがお勧めです。

インプラントとは

チタンで歯の根の部分を作り、失ってしまった自分の歯の根を代用するものです。今のインプラントの原型は1952年にスウェーデンのイェテボリ市にある応用生体工学研究所のブローネマルク博士が発見し、1965年より歯科分野でインプラントの治療がスウェーデンから始まりました。

インプラントの取り付け手順

 

私とOAMインプラントとの出会い

インプラント治療を受けて自分の歯を取り戻したいと言われても、それができない患者さんが結構いらっしゃいました。

インプラントを入れる部位の骨がやせてしまっていて、通常の方法ではインプラントをすることができないのです。

そのような患者さんのニーズに応えようとさまざまな学会やセミナーに参加し、高度な技術を習得しました。骨移植、骨造成法(GBR法)、サイナスリフトなどです。どれも素晴らしい手術法なのですが、患者さんの負担が大きいことは否めませんでした。

高度な手術になればなるほど、外科的な侵襲は大きく、術後の痛みや腫れも大きいものです。このような大掛かりな手術を一般の開業医が行なうべきものなのか?と疑問を抱くこともありました。

術後に痛みや腫れを訴える患者さんを見て、これらの治療法を積極的に行なうことができずにいました。そのため、インプラントにも少し消極的になっていました。

そこで出会ったのが岐阜県の大口弘先生が開発されたOAM(大口式)インプラントでした。骨を削らずに、拡げてインプラントを入れるという夢のような方法でした。 従来法と比べて外科的な侵襲がかなり少なく、術後の痛みや腫れも少ないのです。

それに加えて神経を損傷するなどのリスクがとても低い方法でもあります。私が探していたインプラント法はこれだ!と思い、岐阜県の大口先生の医院に行かせていただき、直々に指導をしていただきました。

・「福岡OMAインプラントセンター」

・「OMAインプラントと従来法との比較」

・「OMAインプラントの7つの特徴」

・「OMAインプラント療法の手順」

OAMインプラントセンター

提携 東京赤坂ツインフロント国際審美歯科アカデミー

OAMインプラント療法は名古屋市立大学医学部講師の大口弘医学博士が考案されたものです。大口先生の指導の下、このインプラントを導入し、2007年10月に福岡OAMインプラントセンターをオープンいたしました。はなだ歯科クリニック内に併設されています。

ドリルを用いない安心安全な革新的なOAMインプラント療法が、今までインプラント治療を受けることが出来なかった患者さんにとって福音となると確信しています。

花田真也センター長はOAMインプラントが全国の歯科医師に広めるために東京赤坂ツインフロント国際審美歯科アカデミーで指導医としてセミナーを行っています。http://www.medical-apex.com/instructor.html

今まで、インプラントの手術をする場合は、ドリルで骨に穴を開け、そこにインプラントを埋め込むというものでした。その為、怖がりの患者さんには手術ができないという欠点がありました。OAMインプラントにより、ついにドリルで骨を削らずに、骨を拡げてインプラントを入れることが出来るようになりました!

・「福岡OAMインプラントセンター」
・「OAMインプラントと従来法との比較」
・「OAMインプラントの7つの特徴」
・「OAMインプラント療法の手順」

OAMインプラントと従来のインプラントとの比較

OAMインプラントシステム
通常のインプラント手術

福岡OAMインプラントセンター

最初に骨の表面に直径0.5mmの小さな起始点を作ります。

 

福岡OAMインプラントセンター

最初に直径1.8mmの穴を開けますので細い骨の場合は高さが低くなってしまいます。

福岡OAMインプラントセンター

次に直径0.5mmの針で糸状の小さな穴を作ります。

福岡OAMインプラントセンター

次に直径2mmのドリルで骨を削ります。

福岡OAMインプラントセンター

オーギュメーターという器具で細い穴を0.2mmずつゆっくり広げていきます。穴だけでなく、骨の厚みも増加していきます。

さらに太いドリルを2、3種類使って穴を大きくするので、骨がどんどん減ってしまいます

 

福岡OAMインプラントセンター

骨をほとんど削らずに行いますので、インプラントを支える骨を失わずにすみます。痛みや腫れも少ないです。

福岡OAMインプラントセンター

インプラントを支える骨自体が足りなくなり、このようなケースでは顎や腰の骨を切り取って骨移植しなければならないこともあります。

・「福岡OMAインプラントセンター」
・「OMAインプラントと従来法との比較」
・「OMAインプラントの7つの特徴」
・「OMAインプラント療法の手順」

OAMインプラントの7つの特徴

1.従来のインプラントに比べて安全である

直径0.5mmの穴から徐々に拡げていくため、ドリルで骨を削るより安全です。神経や血管を傷つけるリスクがありません。

2.骨幅が少なくてもインプラントが出来る。

従来のインプラントは骨幅が5mm以上ないと埋入することは難しく、骨移植 などの大掛かりな手術が必要でした(下顎の奥の方や、腰の骨などから採取してそれをインプラント埋入部位に移植)。OAMインプラントは骨を削らずに拡げてますので、5mm以下の骨幅でも大掛かりな骨移植手術無しで埋入出来ます。

3.治癒期間が短い

骨を削りませんから治りが早いのです。また、骨移植などをするケースにくらべるとかなり治癒期間が短くてすみます。

4.術後の痛みや腫れがかなり少ない

骨を削りませんので従来法に比べ、ほとんどのケースで腫れや痛みがありません。

5.骨を削る時の不快な音や振動を与えることがない

ドリルをつかわず、オーギュメーターで静かに手術できるため、インプラント手術がより快適なものに改善されました。

6.骨が柔らかくてもインプラントが安定する

従来法では骨が柔らかいとトリルで削るとスカスカになってしまい、インプラントが安定しないことがありました。OAMインプラントでは骨を押し広げ圧縮するため、インプラント周囲の骨密度が高くくなり安定しやすくなります。また、拡げられた骨はインプラント埋入後に収縮しますので、しっかり骨に支えられ固定されます。

7.正確な位置にインプラントを入れることができます

従来法では3本程度のドリルで削って、インプラントを入れる穴をあけますので最初のドリルでその方向や角度が決まってしまいます。OAMインプラントは0.5mmの穴から0.2mmずつ拡げながら穴を作っていきますので、その方向や角度を正確に決めることが出来ます。

良いことばかりですが、難点もあります。
骨が硬い場合はドリルに比べて時間がかかるということです。
そのような場合はドリルを併用して行っています。

・「福岡OMAインプラントセンター」
・「OMAインプラントと従来法との比較」
・「OMAインプラントの7つの特徴」
・「OMAインプラント療法の手順」

OAMインプラント療法の手順

1.まず、インプラントを埋め込む場所に最初のマーキングとして直径0.5mmの極めて小さいドリルで印をつけます。通常のドリルのような負担はほとんどなく、しかもドリルを使うのはこの最初のステップだけです
福岡OAMインプラントセンター

2.歯の根っこの治療用のファイルと呼ばれる直径5mmの針のような器具を用い、所定の長さまで骨に穴を開けます。麻酔も効いているし、振動もないのでまったく何も感じません。

福岡OAMインプラントセンター

 

3. オーギュメーターという器具を使い、先ほど作った針穴を0.2mmずつ拡大していきます。この際、骨の幅も同時に拡がり、骨密度も上がります。

福岡OAMインプラントセンター福岡OAMインプラントセンター福岡OAMインプラントセンター

 

4.インプラント体を埋め込み、手術完了です。

福岡OAMインプラントセンター
大口弘博士が考案された、この世界初のインプラント療法が世界中に広く支持され、行われるようになることを切に望みます。

・「福岡OMAインプラントセンター」
・「OMAインプラントと従来法との比較」
・「OMAインプラントの7つの特徴」
・「OMAインプラント療法の手順」

このページの先頭へ